借金返済

会社勤務をしていながら作ってしまった借金返済

サラリーマンと借金

サラリーマンと借金

会社に勤めているのであれば収入が安定しているので借金を作ることなどないだろうと考えられがちですが、意外にも会社勤めの方が借金返済で苦労しているということは珍しくないのです。借金を全て返済するためにはどんなに大変な仕事であろうとやめるわけにはいきませんし、家族に知られないようになんとか一人で返済しようと思えばストレスもかなりのものとなります。もちろん借金をしないことが一番良いのですが、生活をする上でそうしなければいけない時もあります。

借金原因

借金を増やしてしまう原因として最近の借金は簡単にできるということがあるでしょう。大手のキャッシング会社はCMなどでも知られており、昔と比べて身近な存在となっています。また専用カードを使って提携している金融機関のATMやコンビニエンスストアのATMからまるで自分のお金のように引き出すことができるというのも借金をしているという感覚をなくしてしまう原因になりやすいです。特にストレス発散のためにギャンブルにのめりこんでしまった人は一度儲けることができると味をしめてしまい、再び勝てるかもしれないという気持ちになってしまうのでどんどん借金に借金を重ねてしまいます。

一人で多重債務を負ってしまったら返済をするにも自転車操業のような状態になってしまうことも珍しくありません。利息だけ返済しても元金が減らなければずっと返済を続けなければいけないのです。返済を早めに終わらせるためにはおまとめローンを利用するなどして少しでも利息の金額を減らしてみたり、返済日に遅れないようにして必ず毎月返済をするなど当たり前のことを当たり前に守るだけでも違います。

債務整理

しかしどうしても返済をできない状態にまでなってしまった時には誰かに頼ることも必要です。会社にバレることなく、借金返済を終わらせる方法はいくつかあります。それが債務整理をするということです。債務整理にはいくつか方法があり、一つはよく知られている過払い金の請求をするということです。これまで返済した金額の中には本来なら返済する必要がなかったお金もあります。そういったものがあった場合、各消費者金融会社から返してもらうことができるのです。

そして他にも任意整理、民事再生、自己破産という方法があります。これらは弁護士に依頼することでスムーズに進めることができます。任意整理は借金はなくなりませんが、借金の減額や金利の引き直しなどをして消費者金融会社側と交渉し、毎月の返済金額を減らすという方法です。こうすることで生活に支障がない状態で返済しやすくなります。

そして民事再生は個人再生とも呼ばれている方法で、借金を返済することが困難であると裁判所に認めてもらって借金を減額してもらい、3年から5年ほどかけて分割で返済していきます。借金が5000万円以下であれば最大で10分の1以下まで減額してもらうことができます。自己破産は知っている方も多いのではないでしょうか。この方法は財産がないので返済をできないということを裁判所に認めてもらって借金の返済義務が完全になくなるというものです。ただし住宅や車などの財産は手放す必要があります。