借金返済

借金返済で住宅ローンが含まれているとき

住宅ローンと自己破産

自己破産だとマイホームを失う

借金返済で困っている人のうち、住宅ローンの返済がある人は早めに対策をとるべきです。なぜなら、住宅ローンがある人は自己破産という選択肢はとりにくいからです。自己破産をすると資産をすべて失ってしまうので、せっかく購入をしたマイホームを失ってしまいます。

任意整理

任意整理なら、住宅ローンだけを対象から外して、それ以外の借金を整理することができます。例えば、消費者金融4社から金利18%で合計200万円を借りているケースなら、任意整理をすることで負担を大きく減らせるでしょう。

おまとめローン

おまとめローンの審査に通る人なら、先におまとめローンを検討してみると良いかもしれません。住宅ローンを借りているのと同じ銀行でカードローンを契約すれば優遇金利が適用されることも多いです。

特定調停

特定調停でも任意整理とほぼ同じ結果が出せます。特定調停は弁護士費用がかからないので、コストを節約できるというメリットがあります。

個人再生

個人再生についてはよく誤解をされていますが、資産を没収されるということはありません。個人再生をすると資産を没収されると誤解をしている人は、担保権を実行されることと混同しているのかもしれません。例えば、ディーラーローンでは自動車の所有権をディーラー側に留保していますが、個人再生をすると担保権が実行されるので、自動車は没収されてしまいます。しかし、銀行のカーローンで自動車を担保に入れていない場合には自動車が没収されることはありません。ローン完済済みの自動車についても保有を続けることができます。

不動産担保ローン

他には、不動産担保ローンで土地に抵当権を設定している場合などにも、個人再生をすると土地が失われてしまいます。個人再生では住宅ローンに関する特別条項があるので、住宅ローンだけは対象から外してそのまま返済を続けることができます。

マイホームを失わずに借金問題を解決

このように、マイホームを失わずに借金問題を解決する方法はありますが、早い段階で行動に移すことが重要になるでしょう。なるべくローンを延滞していない段階で弁護士などに相談をして、解決をしてもらうようにしましょう。

最後の手段として自己破産がありますが、資産は全て失ってしまいます。自己破産をした場合には、マイホームは必ず失われます。自己破産をするしか手段がないという状況になるまで借金問題を放置しないということが重要です。

借金返済では、延滞をしないということも重要です。1週間くらい返済が遅れたとしても大きなデメリットはないと考えている人がいますが、たった1回の延滞でも大きなデメリットにつながることがあります。消費者金融から金利18%で借りている人は、金利が低い銀行カードローンなどへ借り換えたいと考えることでしょう。しかし、1回でも延滞をしてしまっていると借り換えローンの審査に通らなくなります。おまとめローンは借り換えローンよりもさらに審査が厳しくなる傾向があります。将来に借り換えやおまとめをして金利の負担を減らす可能性を残すためにも、なるべく延滞はせずに期日を守ってしっかりと支払いをしましょう。